自己紹介①

自己紹介

初めまして。

私は理学療法士をしている37歳です。

理学療法士といってもピンと来る人は少ないかもしれません。

理学療法士というのは、いわゆる病院や施設でリハビリをする資格の一つです。一応国家資格です。

現在は施設で管理者をやりながら訪問リハビリといった在宅のリハビリにもかかわっています。

といっても高校や大学を卒業してすぐに理学療法士になったわけではなかったんです。

小さいころ、祖父の影響で競馬が好きになった私は、高校生の時に競馬の騎手になることを夢見ます。

競馬の世界はあまくないため、すぐに挫折。普通の大学に行きました。その後地元の不動産屋に就職しますが、「人の役に立つ仕事がしたい」と考えるようになり、看護師の妹の助言もあって理学療法士への道に進んだというわけです。

理学療法士になってから、いくつかの病院や施設で経験をさせていただいています。

このブログでは、それらの中でみなさまにも伝えたい体験談や、理学療法士からの身体のアドバイス、管理者になって知った介護保険制度についての事を発信していきたいと思っています。

また、周りからは、国家資格を持っているし、年寄りが多くなってくるわけだから、将来安泰という言葉をかけられますが、現状はそんなことはなく、むしろ介護医療業界はどれだけいいサービスをしても逆に悪いサービスをしても、患者や利用者から貰える報酬というのは決まっているため、大きな昇給というのは見込めないです。

老後2000万円問題なんていうのもありますよね。自分の今後を考えると不安になってきた私は、37歳にして初めてお金の勉強をしようと思い、現在取り組んでいます。

ちなみにですが、私は今までお金に対してはどちらかというと興味がなく、なんとなく貯金をしている程度で、自分で生命保険に入ったり、積み立てしたりという経験も一切ありません。周りで株をやるという話を聞いたこともあるし、不動産投資の話もありましたが、「よくわからない」という恐怖心から手を出さずにいました。

それらの勉強や投資過程なんかも書いていけたらと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました