介護保険制度について(介護保険の基礎知識)

介護保険
40代<br>サラリン<br>
40代
サラリン

なんか40歳になったら給料から介護保険料も天引きになって安月給がさらに引かれてしもうた。これっていったいなんの為に払ってるんだろう。。

 

40歳以上になり、給料から天引きされてしまう「介護保険料」に対して、このように思っている方は多いかもしれません。

逆に30代までは、

「払ってないし、介護なんて縁がないから関係ない」

なんて思っていたら、大間違いです!!

『現在は40歳からの徴収』

となっていますが、

『近い将来、30代からの徴収』

となることが予測されているので、30代の方でも今から知っておいたほうがいいと思います。

 

mota
mota

今日は介護保険の基本的な部分をお伝えしますね。

介護保険の基礎知識

いつから払うの?いつまで払うの?

 介護保険料は「サラリン」と「mota」の会話にもあったように、40歳になった月から発生します。そして、これは死ぬまで払い続けなければなりません。

 40歳からは給料天引きとなり、65歳からは年金から天引きされる形で、必ず支払わなければならない保険になっています。

 

いくら払えばいいの??

 みなさんが気になっているのはここではないでしょうか!?

 これは65歳以上の「第1号被保険者」と40歳~64歳の「第2号被保険者」で計算方法は異なってきます。

 収入が多ければ保険料も高くなります。

 平均的な数値で言うと、月5,000円程度と思っておいていいかと思います。

 

介護保険はどんなことに使われているの?

 介護保険以下の方が適応になります。

〇65歳以上の方で介護認定された方

〇40歳~64歳の方で特定疾病に認定された方

上記の条件を満たした場合は、介護が必要とみなされ、介護保険が使えるようになります。

サラリン
サラリン

これにはどんなサービスがあるんだい?

 

mota
mota

介護保険には色々なサービスがあります。ケアマネージャーが、色々なサービスに関して、その方に合ったサービスを考えてくれますよ!

介護保険には様々なサービスがあります。

・ご自宅で行うサービス:例)訪問介護、訪問看護など

・ご自宅から通って行うサービス:例)デイサービスなど

・施設に入って受けるサービス:例)介護老人福祉施設など

・その他のサービス:例)福祉用具貸与など

 

これら一部の例にすぎませんが、現在はたくさんのサービスがあります。

その中からご自身やご家族で選定するのが大変であるため、サービスの提案を行う「ケアマネージャー」がいるのです。

 

ケアマネージャーは、介護認定された方の全てに担当が付き、色々なサービスの提案をしてくれます。

サラリン
サラリン

もし私が介護認定されたら、これらのサービスはいくらで使えるんだい?保険を払っているんだから、無料で使えるのかな?

mota
mota

無料で使うことは出来ません。介護保険が出来た当初は「1割負担」で使うことができていましたが、近年では収入に応じて、「2割負担」や「3割負担」の方までいます。

介護保険のサービスは、利用者負担額というものがあります。

2000年の介護保険が出来た時には「1割負担のみ」でしたが、2015年に「2割負担」2018年8月に「3割負担」と、収入に応じて負担割合数も多くなってきています。

今後、医療保険も3割負担ということを考えると、4割になることは今のところ考えにくいですが、「2割負担」や「3割負担」の方の割合を上げて行ったり、最低ラインを「2割負担」にするという可能性は高いと思われます。

おわりに

現在、高齢者人口が増加しており、若い世代の人口が減少しています。そして、今後高齢者が増え続け、介護保険を使う人が多くなっていく見込みです。

 

「どんどん若い世代から」「どんどん多くの保険料を」という形で対応している現状ですが、今後国はどのような対応をしていくのか。

目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました