高額療養費制度を使えば医療費は10万円?あなたの知らない落とし穴!

介護保険

先日うちの父が骨折して入院したんですが、高額療養費制度って言うのがあるから安心よね。

だってどんなに医療費がかかっても、月10万円になるんですもん!

mota
mota

確かに「医療費」には上限額が決まっていて、年収に応じて一般的な方は10万円程度になることが多いよ。しかし、上限額が決まっているのは「医療費」のみなんだ。

高額療養費制度について学ぼう!

1.高額療養費制度の仕組みを理解しよう。

年収に応じて金額が異なります。自分はいくらかかるのかを解説!

2.上限額を超えた時のお金の受け取り方は2種類。

現物給付と現金給付の違いを解説!

3.高額療養費以外にかかる費用を知ろう。

差額ベッド代や3食の食事代、寝間着の貸し出しなど、保険では賄えない費用を解説!

4.自由診療や先進医療の技術料は10割負担となる。

どのようなケースで10割負担となるのかを解説!

高額療養費制度の仕組み

・まず、公的健康保険では、1ヵ月間のかかった医療費には限度額が設定されており、限度額を超えると国が支払ってくれる仕組みです。

・高額療養費制度は69歳以下と70歳以上でその基準は大きく変わります。では表を見てみましょう。

     厚生労働省より抜粋

 

69歳以下で年収370以下の方57,600円が限度額となり、それを超える医療費は戻ってきます。

 

69歳以下の方で年収770万円以下の方では、

80,100円+(医療費-267,000円×1%)

となるため、医療費が300万円などいかない限り、ほぼ10万円以下になると思われます。

 

69歳以下の方で年収1,000万円の方では、

167,400+(医療費-558,000円×1%)

となり、限度額は10万円を遥かに超えてしまいます。

 

70歳を超えると…

年収156万~370万円という枠ができ、多くの働いていない方は限度額が18,000円となります。

思ったより安いかも!普通の家庭だったら10万円かからないじゃない!

mota
mota

さっきも言ったけど、これはあくまで医療費だけの話だから気を付けてね!

 

 

ほとんどの方は高額療養費制度によって、限度額は10万円以下になると思いますが、年収が多い方は10万円を超えてしまう可能性が高いため、お気をつけください!

 

お金の受け取り方

〇お金の受け取り方には「現物給付」と「現金給付」という2種類の受け取り方があります。

 1. 現物給付

限度額までの金額を支払うもの。

※70歳以上の方は原則、申請の必要はありませんが、69歳以下の方だと申請が必要になります。

 

 2. 現金給付

一度、ご自身の負担分を全額支払い、後から申請して現金支払いを受けるもの。

※申請してから、受け取るまでは3-4ヵ月かかるようです。

高額療養費制度を使うなら、事前に申請しておいた方がいいかしらね。

 

高額療養費以外にかかる負担費用

まさか上に書いてある費用以外にもかかって、結局10万円超えるんじゃないでしょうね(#^ω^)?

mota
mota

病院での差額ベッド代や居住費、食費などは「自己負担分」として高額療養費以外の請求になってしまうんだよ。

 

〇食事代・居住費

これらは一律で決まっています。

食費は2016年4月までは1食260円でしたが、消費税などの影響から値上がりし、現在は1食460円になっています。

居住費は難病であればかかりませんが、それ以外の方では現在は370円となっています。

 

〇差額ベッド代

病院に入院するとき、「個室」に入院か「大部屋」に入院するかで入院費が変わってきます。

多くの病院では「個室」に入院する場合、「差額ベッド代」として別途徴収します。差額ベッド代の平均は1日あたり平均6,000円程度で、場所によっては数万円というところもあります。平均的な6,000円だとしても、入院日数が多いとかなりの額になります。

ただし…

 ①患者から同意書に署名をもらっていない場合

 ②「特別療養環境室」に入院した場合

例)救急患者や終末期の患者など

 ③病棟管理の必要性から入院させた場合

例)インフルエンザなど感染症のおそれのある患者など

に関しては、差額ベッド代を求めてはならないことになっています。

mota
mota

求めてはいけないことになっているけど、こちらから訴えないと差額ベッド代を請求されてしまうケースもあるみたいだから気を付けて下さい!

それって詐欺じゃ…

知識がないと病院の思惑通りに支払ってしまうこともあります。しっかりと学んで言い返せるようにしておきましょう!

 

 

自由診療・先進医療

1. 自由診療とは

厚生労働省が認可していない治療や薬を使用する場合は、国の医療保険は使えず、10割全額自己負担をすることになってしまいます。

特に癌治療においては、世界で承認されていても日本の認可がなければ医療保険は使えません。

 

2. 先進医療

先進医療は、国に認められた治療の事を言います。自由診療のように、検査費や投薬費などは医療保険の対象になりますが、「技術料」に関しては全額自己負担となります。

 

上記のような自己負担分に関しては、高額療養費制度の対象になりません。このような治療をせざるを得なくなったとき、医療費全てを払わなければいけない可能性があります。

食費?差額ベッド代?自由診療?

最初聞いてた話と全然違う😢

 

そうなんです。結局入院をすることになれば、高額療養費制度を使っても10万円では足りないケースの方が多い事を覚えておいてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました