【2020年】今パチンコ・パチスロをやめるべき3つの理由

頭をかかえる男投資・資産運用編

みなさんはパチンコやパチスロを打ったことがありますか?

始めに、私のパチスロについての自己紹介を簡単にさせていただきます。

一時期、毎日のようにパチンコ屋に通い打っていました。
最初は負けていましたが、勝ち方を知ることで、月単位で負けることはありませんでした。
学生時代は学校に行きながら月平均17~20万円程度、主にパチスロで稼いでいました。
はい。ただのダメ人間です。

 

そんな私も、色々と学び、将来の事を考えるようになった時に、パチスロから離れることが出来ました。

今となっては本当にやめてよかったと思っていますし、楽しみ程度に行くことはあっても、どっぷりとつかってしまうことはないでしょう。

そんな私が離れてみて思う、パチンコ・パチスロはやめた方がいいと思う主な理由についてまとめてみました。

今パチンコ・パチスロにハマっている方の手助けになれればと思います。

結論から言うと

①金銭面の問題
 →勝っていてもお時間単価が低い・将来の事が未確定
②友達がいなくなる
 →パチスロ仲間なんて仲間とは呼べない場合が多い
③身体への負担が大きい
 →目と耳への負担が大きい

上記3つの理由がやめた方がいい理由になります。

それでは具体的に解説していきます。

①金銭面の問題

やはりこれが一番の問題になると思います。負けている方は特にです。

ストレスを発散しに行っているのに、さらにストレスを増やして帰ってくる。私もパチスロを始めたばかりの頃はこのような日々を送っていました。

たまに大きく勝つこともあるため、それを夢見て打ってしまうのです。

 

しかし、負けていたら本当にやっている意味はないと思います。

借金をしてまでという方もいます。そのような方は一度我に戻ってください

一から人生の最終的な目標を考えてください。いま必要な事かを考えれば自ずと何をすべきかが見えてくるかもしれません。

今の機種は確かにゲーム性が面白い台が多いですが、ゲーム性を楽しむのなら、素直にゲームをやっていた方が絶対に楽しいです!!!

 

そして勝っている人にもこの問題は当てはまります。
今出ている機種で大きく勝ち続けるのは難しく時間単価が低くなります。

それであれば普通に働いている方が安定して稼げるのです。

普通に働くのが嫌だという人でも今は色々な稼ぎ方があるので、パチスロの機種の勉強をするより、そちらに力を注いだ方が将来的に有益であることは間違いありません。

また、今はまだ日本でのパチンコ・パチスロ文化というのはなくなっていませんが、これがいつなくなるのかはわかりません。実際、パチスロ全盛期と呼ばれた17-18年前と比べると明らかに人口が減っており、国もさらに減らすような対策を打ってきています。

本来、パチンコ・パチスロは「遊戯」という分類のため、今後もこのような流れはさらに加速していくと思われるため、今のうちに卒業しておくのが吉だと思われます。

 

②友人がいなくなる

これもハマればハマる程、勝っている時はやめられず、友人との約束を守らなくなる事が出てくる時があります。友人とのコミュニケーションよりお金が大事になってしまうのです。パチスロ依存症の方は多くの方がその経験があるのではないかと思います。

お金はいつか働けば取り返しがつきますが、その友人との信頼関係は取り返せません。長い目で見ると、目先のお金を取る人よりも信頼関係を取る方が絶対に豊かに暮らせます。

 

「パチスロ仲間がいるから他はいらない」という方もいるかもしれません。

確かにパチスロしかやっていない人の所には、同じような人が集まるため、そこらへんの事情はわかってもらえるのかもしれません。しかし、そのような仲間がずっと続くと思いますか???
私のパチスロを通じて知り合った人間は、パチスロをやめたと同時にほぼ連絡を取らなくなっています。

ただその時に楽しみたくて集まった人間同士なので、当然だと思います。

 

「俺には友達なんていらない」という方もいるかもしれません。

そういう方は余計に自分の将来の事を考えてください。支えてくれる人がいない、相談に乗ってくれる人がいない中で、一生パチスロに左右される人生でよければ続けていいと思います。ただ、それも無くなってしまうというリスクや、「遊戯」に特化してお金に変えれなくリスクは考えて下さい。

 

③身体への負担が大きい

パチンコ・パチスロで打つ時の環境は…

・タバコを吸うorタバコの煙が常にある

ちなみにパチスロをしながらタバコを吸っている結構な割合で、飲んでいる物はコーヒーかエナジードリンクです。

・常に大きい音が鳴っており、眩しい光を見つめている

一日いると間違いなく頭痛くなります。ちなみに家でスロットの機械を遊ぼうとすると、近所迷惑レベルで大きな音を発しています。

・プロなどはいい台に座ったら13時間ご飯も食べずに打ち続ける

私もいい台を掴んだら13時間フル稼働してました。朝ごはんは食べないに等しいので、1日1食しか食べません。

また、いい台を掴んでしまうと13時間ずっと座って打っているため、首や腰ももちろん痛くなります。

 

まとめ

上記の大きな3つの理由からパチスロはやめた方がいいと考えます。

負けてもいい額で楽しむというスタンスで打つのであればいいですが、本気で勝ちにいくのであればデメリットの方が多いのです。

次回の記事では、「パチスロで勝つために必要な事」というテーマで書いてみようと思います。

パチスロで勝つのは容易ではありません。読んでいただければ、きっと「今の時代なら副業の方が儲かるし楽しい」と思っていただけると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました